テキストを追加する正に国難といえる新型コロナウィルス感染症の災厄の中、安倍総理が自身の健康問題で突然辞任、安倍政権を支え続けてきた菅官房長官がこれを引き継ぐ形で総理となり、間もなく臨時国会が開会されようとしています。

県では、皆さんの感染防止拡大を抑制しようとする強い意識と行動の中ではありますが、コロナウィルス感染者の累計が500名を超えました。

強制や罰則がなくてもこの数字で抑えられている現状は、他国と比較しての私の個人的な感想ですが、日本人の規範意識の高さと関係者の努力によるものではないかとも思っています。

決定的なワクチンや治療薬が開発されていない現状の中で感染拡大を抑止するには、検査で感染者をいち早く発見し、感染者の隔離を確実に行い、当人の体力・抵抗力と既存の薬で回復させるしか方法がないと言われています。

今の段階では、誰も終息の時期が見通せない中で、今議会でもこの感染症対策を最優先で対応し、関連補正予算約111億円を議決しました。

この結果、2月以降の累計額は1245億円余となりましたが、まだまだ不十分だと思っています。

今後も皆様の声を聴きながら、私の立場でできる範囲 で積極的に活動してまいります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK