サイトへ戻る

観光地域づくり事業現視

· 県議会

観光地域づくり特別委員会では、委員会としての提言に参考とすべく、京都及び滋賀県の取り組みについて研修しました。

京都府では、関西広域連合の実施事業の内、広域観光にかかわる部分と外国人観光客のための共通認証アプリを用いたKANSAI-WiFi、京都市では、認定通訳ガイド制度、滋賀県では、サイクリングブランド「ビワイチ」による地域振興について研修、これらの取り組みを参考としつつ、より良い提言をまとめたいと考えています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK