サイトへ戻る

会長として賛同・協力する国会議員、関係自治体首長と共に国土交通省に陳情

「JR東海とJR東日本の交通系ICカード相互利用促進議員連盟」

· その他

国交副大臣に

8月2日、議連の会長として声掛けしていた4名の国会議員、7名の議連県会議員、4名の首長、御殿場線活性化協議会、静岡、神奈川両県の市・町の議連市町議員、そして県からは知事戦略監以下4名の計30名で要望活動を行い、私はその代表として内容説明を行いました。

静岡、神奈川の県境を通るJRには関係する自治体が多くあり要望等を集約する場を設ける必要性があるため、その後数回の協議を行い、10月21日、代表者による「連絡会」を設立、私は、この会の幹事長を務めることになり、同日、JR2社、私鉄を含む鉄道各社と連絡会との協議に臨みました。

細部は次号でお知らせします。

まだまだ時間はかかりそうですが、JR等を日常的に利用している皆様や観光で利用する人たちの利便性向上のため、引き続きしっかりと取り組んでいきたいと思っています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK