Return to site

沼津JR高架橋問題

計画から約25年ようやくこの事業が進むことになります。
事業に必要な用地の約94%を取得できたことから、知事もゴーサインを出しました。

沼津駅周辺の交通や市街地の南北分断等の問題を解決して、県東部の拠点都市としての発展を期待し、様々な検証と市民意思の反映の結果、事業推進の方向性が出来ていたこの事業、川勝知事が初当選した時に止めた後の約10年間は、何だったのかと今更ながら考えさせられます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK