サイトへ戻る

JR御殿場線利活用促進陳情

· その他

静岡・神奈川両県の5市5町の沿線自治体で構成されている「御殿場線利活用推進協議会」(会長は御殿場市長)は、今年もその活動の一環として、利用者の利便性向上策等に対し改札の電子化等にも積極的に対応しようとしない民間の事業者(JR東海)への、県からの積極的なバックアップを陳情しました。

同上関連の議連を立ち上げ

上記協議会での要望には、ICカードの相互利用への強い要望が継続されている。

東海、関東圏の交通系ICカードは、JR東海の「トイカ」、JR東日本の「スイカ」、私鉄の「パスモ」ですが、JR相互間の利用はできず、そもそも御殿場線管内には改札の電子化もされていない駅が存在して不便なため、この度、「JR東海とJR東日本の交通系ICカード相互利用促進議員連盟」を立ち上げ、私は、議連幹事長として近日国交省への陳情を含め積極的に活動を進めます。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK