Return to site

リニア新幹線工事問題

· 静岡県の動き

いよいよ始まるかと思えた約5.5兆円の巨大事業、リニア本体工事は、まだまだ足踏み状況が続きそうです。
昭和48年国策として決定後、平成23年南アルプスを通るルートが決定、2027年開業を目途に現在静岡県の工事区間を除き建設が進んでいます。

県内区間は、南アルプスの地下約1Kmの地中に約25Kmのトンネルを通す計画で、ここから湧き出した水の全量を大井川に戻すことが条件の県に対し、今回もJRは明確な回答を出せなかったことが工事を開始できない要因です。

県としては科学的な根拠に基づく説明を求め判断することとしています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK