Return to site

平成31年度予算への、わが会派(自民改革会議)要望の概要

· 県議会

県の平成31年度の予算編成は1月に入り最終段階に入っていますが、収支の試算では財源不足額が約245億円と見込まれ、昨年以上に厳しい予算編成になりそうです。

 

我が会派(自民改革会議)は、今回も地域の要望や各種業界・団体の政策要望を事業化するため、下図のような段階を経て予算要望を進めています。

 

12月19日、知事に対し会派としての要望を申し入れました。北駿地域に関連する主なものは、農業基盤整備事業の充実強化、発達障害者支援体制の充実、道路整備等インフラ整備の一層の推進、オリ・パラ開催に向けた戦略的な対策、学校設備(空調)の充実、富士山噴火対策の強化、消防団活動への支援等です。この後、知事に申し入れした内容がどう予算に反映されるのかを注視しつつ、財政当局との調整を進め1月22日に要望した予算措置がなされているかを確認、1月29日に最後の知事折衝を経て2月議会に臨むというスケジュールになります。

知事申し入れ
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK