サイトへ戻る

2019年台風19号被害復旧の進行状況を現地で確認

· 県議会

御殿場・小山で総額約33憶円にも及ぶ甚大な被害をもたらした昨年の台風19号による災害から1年が経過しました。

主要幹線の道路や公共的な施設はほぼ復旧していますが、その他の道路や河川の復旧、山腹崩壊や谷の土砂流出等、多くの災害個所では一部完成した個所もありますが、まだまだ施工中の現場が多く残っています。

農業関係では、農地の法面崩壊と土砂流入、農業用施設に被害が多く、この分野はほぼ復旧が終わりました。

早急な復旧が次の被害の予防にも繋がりますので、引き続き復旧事業の推進活動に頑張ります。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK